2024年07月02日

温風が出ない!! 浴室乾燥機に不具合が出たときは

電化製品の故障はある日突然おこるので困りますよね。特に毎日使わなければならない住宅設備機器となると一日でも早く使えるようにしたい。修理するべきか交換をするか。

今日はお風呂の換気に毎日使っている浴室乾燥機の不具合についてお話したいと思います。

浴室乾燥機は、浴室の換気、乾燥、暖房、衣類の乾燥など常に湿度が高い環境で使用されるのでトラブルが起こりやすい機材です。耐用年数はメーカーでは10年程度で設定されていますが、使用頻度や使い方によっても大きく違ってくるでしょう。

どのような不具合が起こるか見ていきましょう。

 ・異音がする

カバーの取り付け方が違っていてもいつもと違った音がする場合もあります。掃除の後などによく起こります。取り付け方法を確認しましょう。カバーは温度変化によりきしみが発生する場合もあります。

カバーに問題ないのにキュルキュルやキーキーといった音が聞こえる場合は内部モーターの劣化が考えられます。

 ・電源がつかない、操作ができない

まずはブレーカーが落ちていないかを確認しましょう。

問題なければ経年劣化などで操作部の故障が考えられます。

・洗濯物が乾かない

洗濯物の乾きが悪い場合はフィルターのほこりが原因の可能性があります。湿気が多い環境のためほこりがこびりつきやすいです。フィルターをはずして掃除機でホコリを取り除いてみてください。改善されない場合はメーカー点検をうけてください。

・風量が少ない、温まりが悪い、温風が出ない

いつもより温風の出が悪い、風量が少ないという場合も、フィルターの掃除をしてみましょう。目詰まりによる不具合のことが多いです。

また、リモコンの設定が変わってしまっていないかもチェックしてみましょう。

それらが異常ない場合は、電源を一度オフにしてみましょう。

また、ガス式の浴室乾燥機に限りますが、接続されているガス給湯暖房機の故障ということも考えられます。給湯器からはお湯は問題なく出ているから故障はしていないと思われるかもしれませんが、浴室暖房乾燥機用の専用回路を使用していますので、各所の給湯は異常なしだけれど給湯器側の故障によって暖房機能に不具合が出ているということもあります。

問合せする際は、浴室乾燥機のメーカーか給湯暖房機のメーカー、どちらに問い合わせをしたらよいのか迷うと思います。浴室乾燥機の不具合ですからまずは浴室乾燥機のメーカーへ問い合わせしましょう。熱源機側の問題とわかれば再度給湯器メーカーへ問い合わせという流れになります。そういったわずらわしさから、給湯暖房機と浴室乾燥機のメーカーは同じにされることをおすすめしています。

メーカー問合せの際には、保証書やリモコンにメーカーメンテナンスの電話番号が書いてある場合も多いです。メーカー保証は通常1年ないし2年しかありません。それを過ぎると修理や部品交換は有償です。点検してもらうだけで出張費がかかることもありますので、まずは電話でこのような症状が出ている、リモコンにエラーが出ているならそれを伝え、部品交換でトラブルが解消できるかを確認しましょう。

メーカーが製品部品を保管しなければならない期間が決まっています。使用年数が長い場合は部品の製造がない場合もあります。そういった場合は機器の交換を提案されることが一般的です。

メーカーで提案された後継機種に交換すれば素早く交換ができるでしょうが、価格のことを考えると他でも相見積もりをとってみることをおすすめします。即日対応をしてくれる業者もたくさんありますよ。サニークラフトでも在庫をたくさんかかえることはむずかしいのですが、売れ筋の型番は在庫保有をするようにしています。

一日でも早く交換をしたいといったようなときは調べることも面倒だとは思いますが、23件は相見積もりをとりましょう。

 やはり近隣の店舗であれば、調子が悪いときにすぐに来てくれるでしょうしそのほかの水廻り設備の交換、住宅設備の困りごとにも対応してくれそうな店舗なら安心ですね。

サニークラフトはそんなお店になれるよう日々がんばっています。

機器交換のご依頼もなるべく早急な対応を心がけています。まずは正確な御見積をお出しできるようにしています。お家へ出向いて現場調査もしますが、写真を送っていただければある程度の把握は可能で工事代金を含めた御見積をお出しすることができますのでお気軽にお問合せください。

 今日は浴室乾燥機の不具合についてお話しました。お読みいただきありがとうございました。

 

#浴室乾燥機 #浴乾 #取替 #交換 #換気 #温風 #暖房 #乾燥 #涼風 #故障 #カワック #浴室暖房乾燥 #困りごとに対応 #おすすめ業者 #サニークラフト